ニュース

「ねことじいちゃん」映画の前売り券は買った方がお得!?

2019年2月22日公開の映画「ねことじいちゃん」が楽しみです。映画の前売り券も合わせて紹介します。

監督である、写真家の岩合光昭さんは世界中の猫を写真に収めています。その岩合さんが今回、初監督。

たくさんの猫を見てきたからこそ、作れる作品と言えるのでしょう。

猫目線のストーリーで広がるこの作品。猫の温かさがあふれる映画間違いなし!



「ねことじいちゃん」映画の前売り券がお得

映画を観る時って、どうしてますか?

当日、指定席を購入する方がほとんどではないでしょうか。上手くサービスデーに行く事ができればいいのですが、会社員の方が平日に映画を観るのは難しいお話ですよね。

そんな時に前売り券はお得なのです。

お得なポイント

  • 特典がもらえる(映画によって特典が違います)
  • 当日券より安く購入できる

「ねことじいちゃん」の前売り券の特典

※前売り券サイト「ムビチケ」の特典となります。

8月10日(金)発売スタート ¥1,400(税込)
前売り券の特典  タマの写真、原作イラストの「ねこじいA5クリアファイル」

「ねことじいちゃん」映画の前売り券が買えるところは?

  • 映画館で買う

映画館に直接行ってチケットを買う方法が特典をもらう確実な方法でもあります。窓口ではなくグッズ売り場での購入がほとんどです。

わざわざ映画館へ足を運ばないといけない手間がありますので、最近はコンビニやネットで買う方が増えています。

  • コンビニで買う

ローソンやファミリーマートに設置されている『Loppi』やセブンイレブンの『マルチコピー機』などで購入できます。

24時間営業のコンビニなので、いつでも前売り券を買うことができるので便利ですね。操作方法が分からなければ店員さんに尋ねましょう。これで、わからない人でも安心できます。

ただ、コンビニ購入の場合は特典が付きません。必要のない方はこちらが便利と言えるでしょう。

  • プレイガイドで買う

「チケットぴあ」や「イープラス」などの販売店で買うこともできます。

この場合、特典が付いていないことがほとんどです。

  • ネットで買う

Amazon

ムビチケ公式サイトで買う 

メイジャーで買う



「ねことじいちゃん」ストーリー

猫と老人ばかりの小さな島で暮らす、立川志の輔が演じる主人公・大吉と、その飼い猫のタマ。美しい風景に美味しい食事―助け合い、笑い合い暮らす人々と、可愛くもたくましく生きる猫たちを描く、豊かで愛おしい猫と人間の物語である。「なーんにもないけど、大切なものは全部ある。ここはきっと、日本のどこかにある楽園。」

大吉さん

70歳。島の小学校の元校長。妻に先立たれて愛猫タマと一人と一匹くらし。趣味は妻の残した料理レシピノートを完成されること。

ねこのタマ

オス 6歳と7か月 人間で言えば人として厚みが増す40代男盛り。“しもべ”の大吉さんを毎朝散歩へ連れ出すのが日課。最近は近所の三毛猫ミーちゃんに夢中。

http://nekojii-movie.com/

原作では、ご高齢の方と猫ばかりが住む小さな島で、一人と一匹が繰り広げるほっこりストーリーです。
優しい気持ちになれる、猫好きにはたまらない物語になっています。

島から出ていく人たちや、新しく暮らし始める人たち、人々の出会いもあり、少しずつ変わっていく小さな島。

変わらない一人と一匹。

心温まるストーリーに猫好きはもちろん、そうでない方もきっと楽しめる作品になっています。

「ねことじいちゃん」原作はメディアファクトリーのコミックエッセイで単行本として2015年8月発売開始。

その後シリーズ化され、2018年2月までに4巻まで発売されています。

原作はこちら↓

「ねことじいちゃん」映画の前売り券・まとめ

映画へ行くなら前売り券がお得ですね。金額も通常価格から安くなりますし、特典のプレゼントも受け取れちゃうんです。

しかし、前売り券を買う方法で変わるので、そこは注意が必要です。

「ねことじいちゃん」は、猫好きなら、ぜひ観て欲しい映画です。

猫のタマ目線の心温まる映画をお楽しみください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。