芸能

西野七瀬さんの卒業コンサートのセトリを予想

西野七瀬さんが乃木坂46を卒業という衝撃ニュースがありました。

西野七瀬さんは、乃木坂46のエースとして人気を不動のものにしてきました。

その、西野七瀬さんが卒業・・・

今後の活動は?卒業コンサートはいつ?そのセットリストは?

過去の卒業メンバーから予想していきたいと思います。



西野七瀬さん卒業コンサートのセトリを予想

西野七瀬さんが年内で卒業ということですが、卒業コンサートは来年に行う予定だそうです。

コンサートの日程と開催会場が決定しました!

2019年 2月21~24日 『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』

グループ初の京セラドーム大阪公演開催 バスラ最終日24日公演

『西野七瀬卒業コンサート』

西野七瀬は最終日のみ出演

1日4.5万人、4日間で18万人動員予定

過去に乃木坂46を卒業されていったメンバーから予想したいと思います。

生駒里奈さんが卒業した時の卒業コンサートは日本武道館にて行いました。

この時のコンサートのセトリは以下の通りになります。

1.乃木坂の詩

2.おいでシャンプー

3.太陽ノック

4.水玉模様

5.トキトキメキメキ

6.スカウトマン

7.Against

8.シンクロニシティ

9.初日

10.てもでもの涙

11.心のプラカード

12.ここじゃないどこか

13.満月が消えた

14.あらかじめ語られるロマンス

15.無口なライオン

16.指望遠鏡

17.月の大きさ

18.ハウス!

19.君の名は希望

20.悲しみの忘れ方

21.制服のマネキン

EN1.走れ!Bicycle

EN2.シャキイズム

EN3.ぐるぐるカーテン

WEN.君の名は希望

この中で、生駒里奈さんがセンターを飾った曲は、「ぐるぐるカーテン」「おいでシャンプー」「走れ!Bicycle」「制服のマネキン」「君の名は希望」となります。

前半と後半あとは、アンコールに入ってますね。

西野七瀬さんのセトリ予想ですが、かなりセンターを飾っていますので、予想が難しいですね。

生駒里奈さんの時は生駒さん自身がセトリを決めたということですが、今回も西野さんがセトリを決めるということがもしれません。

西野七瀬さんがセンターを務めた曲は絶対に入ると予想していますが、ソロの曲もあります。

個人的には、西野七瀬さんソロ曲「光合成希望」は最後のほうに入るのかなぁと予想。新しい出発になりそうな曲です。

卒業という新しい出発に笑顔で送りだしたいですね。

西野七瀬さんがセンターの曲一覧

気づいたら片想い(8thシングル)

ロマンスのスタート(8thシングル カップリング曲)

夏のFree&Easy(9thシングル)

何もできずにそばにいる(9thシングル カップリング曲)

命は美しい(11thシングル)

今、話したい誰かがいる(13thシングル)

ポピパッパパー(12thシングル カップリング曲)

きっかけ(2ndアルバム収録曲)

インフルエンサー (17thシングル)

いつかできるから今日できる(19thシングル)

カップリングも入れると、 10曲も。西野七瀬さんは乃木坂46の人気ランキングも2位と上位にいます。

それだけに、この卒業はファンにとっても衝撃が大きかったのではと思います。

卒業コンサートもかなりの倍率になることが予想されますね。

生駒里奈さんの時には、会場には満員1万2000人のファンが終結しました。

また全国の128の映画館ではライブビューイングが行われました。全国の映画館に集まったファンの数は約6万人。

全国から各地から生駒里奈さんの卒業コンサートに参加しました。

今回もライブビューイングが行われると予想されます。



西野七瀬さん卒業コンサートの倍率は?

西野七瀬さんの卒業コンサートの倍率はどのくらいになるのでしょうか。

生駒里奈さんの時は30倍と言われています。

コンサート会場によっても収容人数が変わるので、倍率も変わってくると思われます。

ファンクラブとモバイル会員と、それぞれ先行予約が行われているそうで、予測不明です。

もしかしたら、生駒さんの30倍より上を行くかもしれませんね。

西野七瀬さん卒業コンサートのセトリ・まとめ

卒業コンサートがファンの前で歌う最後になるんだろうと思うと悲しいですね。

卒業コンサートでは、思いっきり楽しいコンサートになることを願っています。

乃木坂46を卒業してしまうのは寂しいですが、今後も芸能活動をしていくということなので、テレビで見かけることは出来そうですね。

これからは、女優業も本格的にやっていくのでしょうか。

まだまだ活躍してほしいと思います。応援しています!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。