芸能

土路生 優里(STU48)出身高校は?金光学園?

AKB48の姉妹グループである、STU48について調査しています。

STU48は瀬戸内を囲む7つの県から構成されています。

今回は、STU48メンバーの土路生優里さんの出身高校などを調べてみました。

 



 

土路生 優里(STU48)出身高校は?

土路生 優里さんのプロフィールから紹介していきたいと思います。

土路生 優里(STU48)プロフィール


土路生 優里(とろぶ ゆり)

生年月日:1999年3月24日

出身地:広島県

ニックネーム:とろちゃん

血液型:AB型

好きな食べ物:尾道ラーメン・カニかま・アイス

瀬戸内でおススメのもの:尾道旅(ちょっとお出かけに最適!)

特技:テーマパークのお姉さんのものまね(上手いが最後、赤面してしまう)

趣味:ペットショップに行くこと、アイドル・アニメを見ること

一言:自分らしさと感謝の気持ちを忘れずに。皆さんに元気と笑顔をお届けします!!!せとうち盛り上げるぞ~!!!

引用元:http://www.stu48.com/feature/torobu_yuri

土路生(とろぶ)という苗字はとても珍しいですよね。

どうやら、出身地である広島県の福山市には多い苗字のようです。

ファンの中でも珍しい苗字の為、本名ではないのでは?と囁かれているくらいです。

どうやら、本名のようですよ。

土路生優里さんの家族はアイドル好きです。

その影響で本人もアイドルになったと言われる経緯があります。

家族でも、母親と弟がアイドル好きのようで、父親は、アイドルに興味がないそうですね。

しかし、父親だって、娘のサポートはちゃんとしているようです。

土路生 優里(STU48)出身高校は?

土路生優里さんの出身高校について調査してみました。

一部のネットでは出身高校は金光学園ではないかと言われています。

金光学園は岡山県の高校になるようで、土路生優里さんは広島県出身です。

わざわざ岡山県の高校に通うのは不自然な感じがします。

あくまで、ネットの噂にすぎないことから、信憑性は薄いかもしれません。

土路生優里さんは大学にも進学しています。

大学は「安田女子大学文学部英語英米文学科」だと言われています。

アイドル活動を続けながら大学に進学することが出来るのは家族のサポートが厚いからなのでしょう。

噂になっている金光学園の高校についても少し調べてみました。

金光学園中学校・高等学校(こんこうがくえんちゅうがっこう・こうとうがっこう)

中学校と高校がある学校になりますね。

偏差値58

岡山県内 224校中 26位 (内私立 99校中 15位)

全国 10,017件中 1744位

偏差値ランキングより

有名人のOBもいるようです。

塩田慎二:アナウンサー

石部安浩:元走高跳選手

千々木駿介:バレーボール選手

中田秀夫:映画監督

幡司一貴:バレーボール選手

柚木道義:衆議院議員

教育にもスポーツにも力を入れた私立の学校のようです。

土路生優里さんの可愛い画像を紹介してきたいと思います。

 



 

土路生 優里(STU48)可愛い画像

土路生優里さんの画像をTwitterより探してみました。

ツインテールが可愛いです。

アイドル活動の笑顔がめちゃくちゃ可愛いですね。

いろいろな表情を見せてくれています。可愛いです。

ハーフツインテール。土路生優里さんといえば、顎に手をあてる仕草が話題になっています。

似合っていて、すごく可愛いですね。

土路生 優里(STU48)活動

土路生優里さんは、実は、STU48で活動する前に8回ほどオーディションを受けている、苦労人だったりします。

STU48に合格した時はとても喜んだのではないでしょうか。

広島テレビなど、ローカルチャンネルも頑張っています。

土路生 優里(STU48)は性格が可愛いと評判

土路生優里さんは性格がいいと周りから評価が高いです。

家族と仲がいいことが影響しているのでしょうか。とても明るく愛されキャラのようです。

showroomの配信の際にそんな一面が見受けられるようです。

そして、特技にあった「テーマパークのお姉さんのものまね」クオリティー高いです。


面白い子だなという印象。

こりゃ、人気出ますよね。

周りに愛されて、活動の幅が広がるといいなと思います。

これからの活動が楽しみです。

土路生 優里(STU48)出身高校は?金光学園?・まとめ

今回は、土路生優里さんについて調査しました。

明るくて可愛い彼女の魅力が伝わるといいなと思います。

これから、本業の歌でも活躍が出来るのでしょうか。

注目しながら応援したいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。